お米通販青森マエダライス 店長日記

Yahooショッピングストアでお米を中心に販売しています。お米がもっと美味しくなるブログ

葉焼けしてしまいました

f:id:tk_maeda:20180528195206j:plain

今年度からタマネギに引き続き稲の育苗を担当している店長前田です。

 

3日前にビニールハウスに搬送した苗が全然緑色にならないのでおかしいなと思ったら、葉焼けしてしまったようです。

 

これまで葉焼けを経験したことが無かったので葉焼けとはどういうものなのか調べてみました。

 

葉焼の原因

  1. 強い光におかれると光合成に利用される光エネルギー以外の光エネルギーが余り、活性酸素が発生する。それが葉緑素を分解したり細胞を破壊してしまう。
  2. 細胞の限界温度を超える温度に晒されたため細胞が死んでしまう。

 

f:id:tk_maeda:20180528195254j:plain

搬送時も搬送後もハウス内換気は行っていたし、苗の水分が不足気味だったためすぐに注水したため高温による葉焼けではないと考えます。

 

だとすれば、強い日差しにより葉焼けしてしまったのではないかと推測。葉焼け症状が出ているものとそうでないものとの違いは品種の違いかと思われます。

 

もう一つの懸念は注水が早すぎたのではないかということ。

原則緑化が終わってから注水するべきなのですが、苗土が乾いていたのでやむなく注水したことが葉焼けとは別の生育不良を引き起こしたのではないかと疑っています。

 

結論

低温、高温障害を予防するためにラブシート被膜は必要っぽい!

いままで何もなかったのはただ単に運が良かっただけなのかも。。。。

この状態からどれだけ回復するのかレポートしていきます。

 

参考になった資料はこちら

水稲種子の発芽・出芽障害と育苗中の各種障害への対応(改訂版)

http://www.beibaku.net/rice/2014/pdf/syushi-syougai.pdf